相続対策

2/2ページ
  • 2020.07.17

贈与税の基礎控除額110万円を活用した相続税対策!

贈与税の基礎控除額110万円で相続税対策 生前贈与は、相続財産を減らすのに有効な方法です。 生きている間に子や孫などに財産を贈与することで、相続税の軽減ができます。 生前贈与には、暦年贈与または相続時精算課税贈与のいずれかの方法があります。 相続時精算課税贈与を選択しない限り、通常のは暦年贈与となり、毎年の基礎控除額は110万円となります。   暦年贈与 相続時精算課税贈与 贈与者・受贈 […]

  • 2020.07.15

住宅取得資金の贈与税の非課税枠はいくらある?

住宅取得資金の贈与税の非課税枠 住宅取得等資金の非課税制度とは、20歳以上の子・孫が、父母・祖父母などの直系尊属(年齢制限なし)から住宅取得資金の贈与を受けると、一定金額まで贈与税が非課税になる制度です。 土地・建物等の贈与は、対象になりません。 現在、高齢者世帯(二人以上の世帯のうち世帯主が60歳以上)の約3分の1が2,500万円以上の貯蓄を保有しています。 住宅取得等資金の非課税制度により、高 […]

  • 2020.07.13

相続税対策と教育資金贈与|孫の教育資金の非課税枠は?

相続税対策と教育資金贈与の非課税枠 教育資金の一括贈与に係る相続税の非課税制度とは、30歳未満の子・孫などが、父母・祖父母などの直系尊属から教育資金を一括贈与された場合、受贈者一人につき1,500万円(学校等以外に支払う場合は500万円)まで贈与税が非課税となる制度です。 受贈者は、非課税限度額内であれは、複数の贈与者から贈与を受けることができます。 相続税対策になる教育資金贈与の非課税限度額 適 […]