相続対策

相続対策

贈与税の税率と計算、生前贈与による相続税対策

平成27年1月1日以降の相続から相続税の基礎控除額の引き下げと税率の引き上げが行われました。 改正後の内容は以下の通りです。 相続税の基礎控除額 相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定...
相続対策

贈与契約書と贈与税申告方法は?

贈与には、贈与者(あげる側)と受贈者(もらう側)双方の意思表示が必要です。 贈与者による意思表示があっても、贈与者がそのことを知らなければ、贈与にはなりません。 意思表示は、書面または口頭でおこなうことができますが、口頭による意思表...
相続対策

贈与税の基礎控除額110万円を活用した相続税対策!

生前贈与は、相続財産を減らすのに有効な方法です。 生きている間に子や孫などに財産を贈与することで、相続税の軽減ができます。 生前贈与には、暦年贈与または相続時精算課税贈与のいずれかの方法があります。 相続時精算課税贈与を選択しない...
相続対策

住宅取得資金の贈与税の非課税枠はいくらある?

住宅取得等資金の非課税制度とは、20歳以上の子・孫が、父母・祖父母などの直系尊属(年齢制限なし)から住宅取得資金の贈与を受けると、一定金額まで贈与税が非課税になる制度です。 土地・建物等の贈与は、対象になりません。 現在、高齢者世帯...
相続対策

相続税対策と教育資金贈与|孫の教育資金の非課税枠は?

教育資金の一括贈与に係る相続税の非課税制度とは、30歳未満の子・孫などが、父母・祖父母などの直系尊属から教育資金を一括贈与された場合、受贈者一人につき1,500万円(学校等以外に支払う場合は500万円)まで贈与税が非課税となる制度です。 ...