横浜市の粗大ごみ持ち込みと戸別収集の方法、簡単・格安の回収業者

神奈川県

横浜市の役所に依頼して粗大ごみを安く捨てる方法

横浜市で粗大ごみを捨てるなら、一番安いのは役所に収集してもらうことです。
捨て方を調べたので、よろしければ参考にしてくださいね。

横浜市の粗大ごみの扱いは?

横浜市では、家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のものを粗大ごみとして扱っています。
処理施設に持ち込むか、電話で収集を予約します。

問い合わせ先

部署 粗大ごみ受付センター
受付 ☆☆☆
電話 0570-200-530 (ナビダイヤル)/045-330-3953

処分できないもの

  • 引っ越しなどで出る大量ごみ
  • 家電リサイクル法対象品目(エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫)
  • パソコン、小型充電式電池(資源有効利用促進法による)
  • 処理困難物(消火器、コンクリート、プロパンガスボンベ、畳、塗料、土・砂利、車・バイクの部品、バッテリー、タイヤ、灯油・ガソリン、農薬・劇薬など)
  • 携帯電話

※処分を急ぐ、自宅から運び出して欲しい、自治体で処分できない粗大ごみ等の場合は、回収業者のエコピットをページ後半で紹介しています。

横浜市の粗大ごみ収集の依頼方法

ステップ1.粗大ごみ受付センターに電話で申し込み

粗大ごみに出される品物の材質や大きさを事前に確認してからお申込みください。
申込み時に収集日・手数料・出す場所などが案内されます。
受付から収集までには、2週間程度かかります。

ステップ2.手数料を納める

申込みの時に確認した手数料を市内のコンビニ等(※)で納めてください。
領収書・収集シールを受け取ります。
領収書は必ず、収集が終了するまで保管してください。

※コンビニ取扱店:コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン

ステップ3.粗大ごみを出す

粗大ごみの見やすい箇所に収集シールをはって、収集日当日の朝8時までにお申込みの時に確認した場所に出してください。
雨の日でも収集します。

粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。
1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。

収集車の火災事故が発生しています。
ストーブ、ガステーブルなどは、灯油や電池を必ず抜いてから出してください。

横浜市の粗大ごみ持ち込み方法

市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。
直接持ち込む場合、事前に粗大ごみ受付センターに電話で申し込んでください。

申込み時に、搬入日時を申し出てください。
搬入場所、手数料(市が収集する額と同額)を案内されます。
事前にお申込みがない場合には、搬入することはできません。

自己搬入施設では手数料シールを取り扱っていません。
手数料は事前にコンビニ等で納め、シールを品物に貼付して持ち込んでください。

持ち込み場所

施設名 住所 受付時間 休日
鶴見資源化センター 横浜市鶴見区末広町1-15-1
(鶴見工場内)
9:00~12:00
13:00~16:00
日曜日
年末年始
港南ストックヤード 港南区日野南3-1-2
(港南資源回収センター内)
9:00~12:00
13:00~16:00
施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)
年末年始
長坂谷ストックヤード 横浜市緑区寺山町745-45 9:00~12:00
13:00~16:00
日曜日
年末年始
神明台ストックヤード 横浜市泉区池の谷3949-1
(神明台処分地内)
9:00~12:00
13:00~16:00
日曜日
年末年始

粗大ごみ手数料の減免

生活保護世帯、特定中国残留邦人世帯、身体障害1級または2級・精神障害1級・知的障害A1またはA2・重複障害(身体障害3級かつ知的障害B1)の認定を受けている方が属する世帯、福祉医療証の交付を受けているひとり親世帯、介護保険要介護4または5の認定を受けている高齢者(65歳以上)が属する世帯、粗大ごみを直接搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者で福祉保健センター長が認めた方には、手数料を減免する制度があります。
詳しくは粗大ごみ受付センターにお問合せください。

横浜市の役所に粗大ごみ収集を依頼するデメリット

横浜市の役所で粗大ごみ収集して貰えば、自治体サービスなので一番安上がりです。
なので、出来る限り利用したいところですよね。
とは言え、デメリットもあります。

収集して貰うには、指定された場所まで自分で運びだす必要がありますし、一度に大量の粗大ごみは捨てられません。
ゴミ処理場まで持ち込むにしても、土日は受け付けてませんので、土日しか休日がない人には利用しづらいのがデメリットですね。

横浜市の役所では処分できないゴミもあるので、そういった際には、専門業者を利用することになります。

横浜市の粗大ごみ回収業者ならエコピット!

横浜市の役所の粗大ごみ収集では不便だったり、収集不可能だったりすることもありますよね。
例えば、以下のような場合です。

  • 今日・明日中にも粗大ごみを捨てたい!
  • 家電などのリサイクル対象品を捨てたい!
  • 引っ越しなどで大量の粗大ごみを捨てたい!
  • 一人暮らしなので重くて運べない!
  • 指定場所まで粗大ごみを運ぶのが大変!

こんな場合は、横浜市の粗大ごみの回収業者エコピットに依頼すれば、とても便利です。
私も、引っ越しの時などは、お世話になってますよ。

横浜市の粗大ごみを回収してくれる業者をいろいろ比較しましたけど、首都圏ならエコピットがダントツですね。

最短その日に粗大ごみを回収!

エコピットの特徴は、とにかく早くて簡単なことです。
横浜市の役所で粗大ごみを収集して貰った方が、もちろん安いとは思いますが、それでは間に合わない場合もありますよね。
エコピットの対応が早いのは、以下のような理由があります。

  • 多店舗展開で粗大ごみを最短その日に収集!
  • コールセンターで365日年中無休で受付中!

定額制で安心の粗大ごみ回収!

粗大ごみを捨てる料金は、とても重要ですよね。
かといって、横浜市の役所で捨てる時にように、1品ごとに確認などしていたら、大量に捨てたい時には大変です。

エコピットでは、ゴミの量に応じた定額プランがあるので、掛かる費用が分かりやすいです。
例えば、普通の粗大ごみ収集業者では、以下のような内容は別料金のことが多いです。

  • 搬出作業費
  • 階段料金(3階以上)
  • スタッフ料金(3)
  • 車両費
  • 出張費
  • エアコン取り外し
  • 梱包作業費

ちなみに、定額プランはこんな感じですね。

粗大ごみ回収の定額プラン内容

パック名 目安 容量 料金
お任せパック 単品向け 0.8㎡ 12,000円(税別)~
軽トラパック 1R/1K向け 2㎡ 25,000円(税別)~
1tトラックパック 1DK/1LDK向け 4㎡ 40,000円(税別)~
2tトラックパック 2K/2DK向け 7㎡ 85,000円(税別)~
3tトラックパック 2LDK/3DK向け 14㎡ 170,000円(税別)~
4tトラックパック 3LDK~ 20㎡ 250,000円(税別)~

粗大ごみ1個とかなら、手間が掛かっても横浜市の役所に頼んだ方が安上がりだと思いますが、部屋一杯とかなら定額制は便利だと思います。
定額制なので、分別が不要なのも嬉しいですね。

定額制に当てはまらない場合でも、料金プランはカスタマイズできますよ。

電話で粗大ごみ回収が依頼できる!

オンライン見積もりも可能ですが、電話で問い合わせもできます。
粗大ごみ単品とかではなく、大量にある場合などは入力も大変なので、電話した方が早いです。
年中無休24時間受付のコールセンターに電話すれば、3分ほどで無料見積もりしてくれます。

いやー便利な時代になりましたよね。

>エコピット公式HPで詳細を確認<

横浜市の粗大ごみ回収対象地域

横浜市鶴見区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市南区 横浜市保土ヶ谷区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市港北区 横浜市戸塚区 横浜市港南区 横浜市旭区 横浜市緑区 横浜市瀬谷区 横浜市栄区 横浜市泉区 横浜市青葉区 横浜市都筑区

タイトルとURLをコピーしました