車を売る相場はキズや凹みの修理でアップする?

車を売る相場アップのためのキズや凹み修理

自分の車にキズや凹みがある場合、車を売る相場アップさせるために修理した方が良いのでしょうか?

車のキズや凹みは必ずチェックされ、査定時のマイナスポイントとなります。
私もキズのある車を売却した経験がありますので、車の買取査定の際に何か言われたりしないかと、躊躇する気持ちも分かります。

だからと言って無理して修理する必要はありません。

そんな事をして車を売る相場がアップしたとしても、それ以上に修理代の方が高くつくからです。
業者は、日常的に車の買取を行っており、キズや凹みのある車も、その中には多く含まれていますので、そういったキズを安く補修するための部門や設備、取引先を持っているのです。

私が車を売却した際も、明らかに目立つ程度のキズがありましたが、キズの分は査定からマイナスする旨を事務的に言われた程度でした。

ただし塗装の小さいキズは、専用のコンパウンドで磨く事で、簡単に目立たなくなるので、やっておいて損はありません。
これだけで、車を見た時の印象が随分変わり、相場もアップしますので。

車を売る相場アップのための小キズを修理する方法

車は見た目も勝負なので、車のボディはキレイな方が高査定額がつきます。
しかし、キズや凹みを修理にだして直してもかかった修理代ほど査定額がアップしないことが多いです。
多くの買取専門店では自社工場を持っていて、そこで安く傷を治すことができるのであまり査定に影響しません。
なので、修理代をかけてキズや凹みを治しても無駄ということになります。

しかし、小さいキズなら自分で補修して見た目を良くしておくことをおススメします。
家具のキズを目立たなくするグッズがあるように、車の傷を補修するグッズがカーショップで売られています。

また、表面の部分をこすったときはコンパウンドで軽く磨いておくと目立ちませんし、その傷から錆びてくることも防げます。
購入したコンパウンドに説明書もついているので、そのとおりにやるとキレイにできます。

他にも小さいキズを直すとか目立たなくするグッズには、スプレーペイントや、タッチペイントや、ボディ用補修用品など売られています。
たまにはカーショップを覗いてどういうものがあるか知っておくのもいいですね。
査定額を上げるのはもちろんご自分も気持ち良く乗れるのですから傷を付けた時にすぐに補修しておくことをおススメします。

昔、近所の奥さんはご主人の車のバンバーの端を門柱でこすって、キズを付けてしまいました。
ご主人に怒られると思って焦ったその奥さんは、バンバーの端に黒のラバーの部分だったので、黒の靴墨を塗って誤魔化してご主人にばれずにすみました。
今は昔のようにゴムの黒いラバーがついている車はほとんど見かけませんけどね(笑)


車のキズや凹みの修理は行わない!