マンション売却にはハウスクリーニングが必要?クリーニング費用はいくら?

マンション

マンション売却にともなうハウスクリーニングと費用

訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。
マンションを売却する場合、不動産会社の査定や買主さんの内覧がありますが、その際に気になるのがハウスクリーニングの必要性だと思います。

新築同様の綺麗さを保っているなら別ですが、長年生活した部屋は、それなりに汚れています。
自宅マンションの売却を決断したら、徹底的にハウスクリーニングすることをオススメします。

マンション売却で高くうるためのハウスクリーニングは、普段やっている簡単な掃除機がけといったレベルでは駄目です。

荷物をきちんと整理して、隅から隅まで徹底的にハウスクリーニングを行うことが望ましいのは、言うまでもありません。
「どうせ売ってしまうのだから」という考え方では、売れるマンションも売れなくなってしまいます。

徹底してハウスクリーニングすることで、各段に売りやすくなりますし、不要な値引き交渉も回避できます。
ハウスクリーニングすることでマンション売却額が上がるなら、やらない手はありませんよね。

ここでは、マンションを相場より高く売却するための掃除・清掃、ハウスクリーニング費用などについて解説しています。
ぜひ参考にしてください。

マンション売却で高く売るならハウスクリーニング必須!

売却に出しているマンションの購入を決めるのは、不動産業者ではなく買主です。
中古マンションを購入する層というのは、堅実な性格の人が多く、不動産業者が営業したからといって、それで購入を決めたりはしません。

実際に部屋を見ずに購入を決める買主はいません。
マンション内覧で部屋を見て、その後の生活をいかにイメージして貰うかに掛かっていると言っても良いのです。

誰でもそうですが、新居を検討する際には、テーブルはここに置いて、ソファーはこっちで、などと居住時のイメージを膨らませるものです。
ハウスクリーニングされていない汚い部屋や、臭いが籠った部屋ではイメージどころではありません。

たとえ、立地、築年数、免責などのスペックに恵まれた物件であっても、マンション内覧時に嫌悪感を感じるような部屋では、中々買い手はつかないものなのです。

不動産業者がマンションを査定する際には、駅からの距離、広さ、築年数などのスペックで金額が算出されます。

買主もスペックを元に物件を検索するのですが、いざ内覧になると、ハウスクリーニングされていない汚い部屋は売却できないのです。

参考:マンション売却と内覧件数|内覧に来ない理由と内覧のコツ!

マンション売却のハウスクリーニング前に荷物を捨てる!

荷物が多ければ多いほど、部屋を狭く感じますので、ハウスクリーニング前に不要な荷物は早めに処分しましょう。

ハウスクリーニングで少しでも広い部屋、広いバルコニーを演出することが重要です。
その方が、買主がイメージを膨らませやすいため、マンション売却の成功に繋がります。

荷物の多い部屋は、雑然としていて生活感が滲みでています。
雑然感の最たる例はゴミ屋敷ですが、テレビ番組などのビフォーアフターでも、ゴミを全て捨てると、部屋がスッキリ綺麗に見えますよね。

ハウスクリーニングで部屋を磨き上げても、荷物が溢れていると、汚く感じてしまうのです。
中古マンションを売却する場合、居住中よりも空室になっている方が売却しやすいのは、こういった理由からです。

住宅ローンの都合でマンション売却前に引っ越しできない場合でも、可能な限りモノを捨てて、荷物を減らしてからハウスクリーニングするのがコツです。
ハウスクリーニングの前に小物などは、クローゼットに収入するのも部屋を綺麗に広く見せるコツです。

例えば、最近流行のミニマリストの部屋などは、とても綺麗に見えます。
荷物の少ない部屋は、それだけで綺麗に感じるものなのです。

マンション売却のハウスクリーニングで重要な水回り掃除

部屋の中からホコリを一掃しましょう。
キッチンの油汚れ、水回りの水アカ取り、クロス汚れの清掃、サッシや網戸の洗浄・・・実際にハウスクリーニングするのは大変ですが、やればやっただけ買主の好感度はあがります。

自分が買主側になったとして、掃除もしていない汚い家を高いお金をだして買おうと思うでしょうか?
賃貸アパートでも、入居率の高い物件は、居住者が代わるごとにしっかりリフォーム・ハウスクリーニングを行っているのです。

マンションは戸建と異なり、躯体や外装は管理費でメンテナンスされていますので、内側をしっかりハウスクリーニングすることで十分新しさをアピールできるのですから、やらない手はありません。

部屋は美しく!少しでも高く!とにもかくにも掃除です!

その中でも、特に重要なのは水回りのクリーニングです。
買主がマンションを内覧する際、一番目につくのが水回りの汚れですが、長年の生活でこびり付いた汚れを落とすのは大変ですよね。

場合によっては、プロのハウスクリーニング業者に依頼するのも良いと思います。

マンション売却前のハウスクリーニング費用はいくら?

プロのハウスクリーニング業者に依頼する際、気になる費用の相場をまとめてみました。
よろしければ参考にしてください。

マンションの間取り別のハウスクリーニング費用

間取り 費用の相場
1R/1K 20,000~40,000円
1LDK~2LDK 35,000円~70,000円
3LDK~4LDK 70,000円~120,000円
5LDK~ 100,000円~

マンションの場所別のハウスクリーニング費用

場所 費用の相場
シンク回り 16,200円~
レンジフードと換気扇 16,000円~
浴室 16,200円~
トイレ 10,200円~
洗面台 10,300円~
エアコン 12,000円~
お掃除機能付きエアコン 18,000円~

マンション売却のハウスクリーニング・清掃サービス

マンション売却を担当する不動産会社にハウスクリーニングを依頼することもできます。
殆どの場合は有料で、実際の作業は不動産会社ではなく、下請けの清掃会社が行いますが、業者間で連携しているので、清掃後の一番綺麗な状態で写真撮影をしてもらえるのがメリットです。

また、多くはありませんが、ハウスクリーニングをサービスとして実施している不動産会社もあります。
例えば、仲介業者大手の東急リバブルでは、株式会社ダスキンと提携して、「水まわりブライトニング」という清掃サービスを提供しています。

私も自宅マンションを売却する前に利用しましたが、追加費用無しで水回りのハウスクリーニングができるのは、凄くお得ですよね。
一番大変なのは、水回りを綺麗にすることですからね。

東急リバブルは大手なので、当ブログで紹介しているマンション売却一括査定サイトを利用すれば、殆どの場合で見積もりに参加してくると思います。
興味のある方は、見積もり時にハウスクリーニングについて聞いてみてください。

参考:マンション売却のコツ!中古マンションを高く売る方法は一括査定!

破損はマンション売却査定の減額対象

マンションのハウスクリーニングは査定には影響しませんが、破損個所があると売却時の査定減額の対象になります。
フローリングのキズなどは破損に該当しませんが、住宅の持つ機能が損なわれていれば、それが一部分であっても査定に影響します。

破損で一番多いのが、扉関係です。
蝶番が壊れていたり、引き戸が開閉しにくかったりなど、症状は様々です。

破損がある場合は、不動産会社に伝えたうえでマンション売却の査定を受けてください。
修理が必要であれば、担当者が伝えてくれます。

致命的な破損あるとマンションを売却できないので、事前に修理が必要になります。
また、破損を隠してマンションを売却するのは、絶対にオススメできません。

売買契約書には瑕疵担保責任の条項もありますので、マンションを売った後であっても、責任を逃れることはできません。
必ず、不動産会社の担当者に伝えてください。

マンション売却のハウスクリーニングはニオイに注意!

マンションを売却するために頑張って掃除して、綺麗にハウスクリーニングできたと思っていても、意外に残っているのが、「ニオイ」です。

家族に喫煙者がいたり、ペットを飼っている方は、ハウスクリーニングの際に注意が必要です。
本人は気付いていなくても、他人にとっては気になるものです。

マンション内覧時に臭いと思っても指摘する人は稀なので、気付かない場合も多いのです。
ニオイは内装材に染みついていて、ハウスクリーニングしても簡単には取れませんが、気休めでも消臭剤を使用しましょう。

また、マンション内覧の前には、あらかじめ窓を開けて換気しておきましょう。
自分では気付かない点については、不動産会社の担当者にチェックして貰うと良いでしょう。

コメント