マンション売却するときの不動産会社の選び方・選ぶポイント!

マンション

マンション売却するときの不動産会社の選び方

訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。

マンションを売却する場合、個人売買で売るという選択肢もありますが、あまり現実的ではありません。
基本的には不動産会社に販売を依頼して自宅を手放すための処理を進めていくというのが、一般的な方法だと思います。

まずはマンション売却に対応できる不動産会社を選ぶところから始める必要がありますが、ほとんどの業者は対応しているので、簡単に見つけることができます。
とは言え、どの業者でもいいわけではないので、不動産会社の選び方が重要です。

マンション売却の不動産会社の選び方その1.販売方法で選ぶ

ただし、中古マンションを販売するには、いろいろな方法があります。
自分が希望するマンションの売却方法に対応している不動産会社かどうかというのは、業者に問い合わせをして確認しておく必要があります。
その際の対応の雰囲気なども後々関連してくるため、チェックしておきましょう。

マンション売却の不動産会社の選び方その2.会社規模で選ぶ

不動産会社と言っても全国展開しているような大手企業から、規模の小さな個人商店レベルの業者などもあります。
ここで気を付けたいのが、大手だから安心というわけではなく、場合によっては個人業者に依頼するメリットの方が高いケースもあります。
いずれの場合も経験が豊富な営業マンに相談するというのは基本中の基本です。

マンション売却の不動産会社の選び方その3.評判で選ぶ

マンション売却は、不動産会社の対応や力によって売れるまでの期間や売値金額が変わってきます。
所有物件を売る事を決め、不動産会社に依頼する場合は、インターネットの口コミサイトなどを利用して事前に評判を調べておきましょう。

一括査定を利用すれば、評判の悪い不動産会社は予め排除されているので安心です。
おすすめは「マンション.navi」さんですね。


マンション売却不動産会社の選び方で重要なレインズ登録

マンション売却でスムーズに販売できるかどうかは、不動産会社の力量によって異なってくるため、不動産会社選びが重要であることは理解されたと思います。
不動産会社を選び方の中で、販売活動について解説します。

不動産会社に仲介を依頼して販売を進めていく場合、一般媒介契約や専任媒介契約などの契約に基づいて販売促進を進めていくのが基本です。
不動産会社と契約を交わしてマンション売却を依頼した後、不動産会社に販売を任せっきりにする人も多いと思います。

任せるのは問題ないのですが、どのような方法で物件の販売促進を行っているかという活動を定期的に調べることは重要です。
中には専任媒介契約による契約をしているにも関わらず、ほとんど販売活動をしてない場合もあります。

マンション売却の不動産会社の選び方その4.レインズ登録

特に気を付けたいのがレインズ(不動産流通機構)への登録を怠っているかどうかという点です。
専任媒介契約・専属専任媒介契約を締結した不動産会社は、レインズへ物件を登録することが義務付けられていますが、手数料を二重取りする目的でレインズへの登録を怠っている場合があります。

レインズへの登録を行うことでマンションの販売促進もスムーズに行われます。

レインズへの登録を怠っている不動産会社は多いため、十分な販売促進をしていない不動産会社だと判断されるようであれば、専任媒介契約による契約を解消して一般媒介契約に戻すか、他の信頼できる不動産会社と専任媒介契約を締結して販売促進してもらうことをおすすめします。

マンション売却の不動産会社の選び方その5.ポータルサイト登録

不動産会社の販売活動して一番重要なのはレインズ登録ですが、インターネット不動産ポータルサイト登録の重要性も高まっています。

中古マンションを探す殆どの人が、スーモ、ホームズ、アットホームのようなインターネット不動産ポータルサイトで、希望条件に該当するマンションを探しているので、ポータルサイト登録は必須であると言えます。

また、不動産会社の中には自社以外の業者がポータルサイトに掲載することを禁止している場合があります。

不動産ポータルサイトで調べていると、同じ物件が複数掲載されている場合はありますよね?
なぜ複数掲載されているかというと、媒介契約を締結した不動産会社が許可をとって掲載しているわけです。

他社の掲載を禁止するということは、物件の露出アップよりも、自社が仲介手数料を売主・買主の両方から取る二重取りの方を優先しているということですから、チェックすることをおすすめします。


マンション売却の不動産会社選び方で悪徳業者の見分け方

マンションを売却する場合には、ほとんどの人が不動産会社に販売を依頼します。
ところが、サポートしてくれる不動産会社の中には、悪徳業者が紛れている可能性もあります。
不動産会社に依頼する場合は、悪徳業者の特徴を知って、騙されないように注意する必要があります。

不動産会社の選び方・悪徳業者の見分け方その1.大手なら大丈夫?

ちなみに大手の不動産会社だと安心、信頼できるというイメージを持っている人は少なくないと思います。
ですが、例え一般的に信頼できる不動産会社と言われていても、担当する営業マンによっては対応が悪い場合もあります。

悪徳業者とは言えないかもしれませんが、あまり過信しないように気を付けたいところです。
ノルマが厳しい不動産会社になってくると、より執拗な対応をしてくる場合があるので注意する必要があります。

不動産会社の選び方・悪徳業者の見分け方その2.個人業者は危ない?

個人業者・零細業者といった不動産会社になってくると、当たりはずれが多いのは事実です。
インターネットでの情報も少ない場合が多いので、まずは店舗に足を運んで対応を確認してから、信頼できる業者かどうかということを判断する必要があります。

その際に不動産会社が悪徳業者かどうか見分けるポイントとしては、店舗の中の雰囲気がどうかということです。
一般的に優良な企業の店舗では、明るい雰囲気のところがほとんどです。

反対に悪徳業者では、店舗内も暗い雰囲気になっているところが多いため、店舗の雰囲気を見ることで悪徳業者かどうかということも知ることができます。


コメント