マンション売却見積もりで不動産査定が高くなる相見積もり方法!

マンション

マンション売却見積もりは一括査定で相見積もり!

訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。
マンション売却見積もりで一番気になるのは、実際に見積もり通りの金額で売れるのかということだと思います。

「この金額でも売れるかもしれない」という見積もり価格と、「この金額ならほぼ売れるだろう」という見積もり価格で幅があるので、心配になるのも当然です。

とは言え、中古マンションには大体の相場はあっても、いわゆる「定価」はありません。
高く売るために努力するのは当然ですが、低めの金額になることも想定しておきましょう。

マンション売却の見積もり査定シミュレーション

正確な見積もり金額は、実際にマンションを訪問して貰って査定を受ける必要がありますが、ネットで簡易シミュレーションを受けることも可能です。

不動産会社の訪問見積もりの前に、シミュレーションで相場を確認しておくのが理想ですが、訪問後でも別に遅いわけではありません。

当サイトでも、別の記事で自動シミュレーションのおすすめサイトを紹介しているので、よろしければ参考にしてください。

参考:マンション売却シミュレーター!マンション査定シミュレーションのおすすめは?

マンション売却の見積もりを一括査定で相見積もり

少しでも高く売りたいなら、当サイトでも紹介していてる、無料の不動産一括査定サイトの利用を検討してみると良いでしょう。
複数の仲介業者に一括で見積もりを依頼することで、競争原理が働くからです。

マンション売却の見積もり金額の差は、業者の販売能力の差となっている場合も多いからです。
見積もりを貰った金額で売れる保証はないものの、高い金額を付けてくれた仲介業者に依頼した方が有利である事は事実です。

不動産売買は、普通の人は何度も経験することではありませんので、損をしないよう、注意深くすすめていきましょう。

マンション売却の見積もりで一括査定をおすすめする理由

マンションの売却を検討している場合に、少しでも物件を相場より高く手放したい場合は、一括査定サイトの利用をおすすめします。

ここで言うサイトというのは、インターネット上にある専用の不動産査定サイトのことです。
必要な情報を入力することによって、リアルタイムで複数の不動産業者に同時に見積もり依頼を行うことができます。

マンション売却見積もりは不動産会社によって異なる

マンションを売却する場合は、不動産会社に見積もりしてもらうのが一般的です。
不動産が元々高額ということに加えて、仲介業者によって物件の見積もり金額・相場はかなり異なっています。

複数の不動産業者に見積もりして貰ってマンションを売却する事をおすすめしますが、自分で1社づつ依頼していると時間がかかります。

マンション売却見積もりは複数の不動産会社で相見積もり

一括査定サイトを利用すれば、複数の業者から同時に見積もりしてもらうことができます。
わざわざそれぞれの仲介業者に依頼する必要が無く、マンションの売却額を見積もりしてもらうことができるのです。

一括査定サイト経由で見積もり依頼を受けた不動産会社は、競合相手が存在することを知っています。
わざわざ自分で伝えるまでもなく、業者間で競争させられるメリットもがあるわけです。

マンション売却で相見積もりすると不動産会社から営業される

ただし、一括査定サイトを利用する場合は、複数の不動産会社から見積もりを受けることができる一方で、それだけ不動産会社からの営業活動があるということにもなります。

依頼後は対応に追われる場合があります。
そのため、サイトを利用する場合はできるだけ時間に余裕があるときを選んで、売却したいマンションの見積もりを進めてもらうのがコツです。

参考:マンション売却のコツ!中古マンションを高く売る方法は一括査定!

マンション売却は見積もり金額で売れるとは限らない!

ポストに投函されたチラシの不動産会社、あるいは付き合いのある不動産会社などで、マンションを売却するために見積もりして貰ったとします。

その見積もり金額、どこまで信用できるのでしょうか?
不動産会社に騙されていないか?不安になりますよね。

というのも、不動産会社はマンション売却の仲介を行うだけの存在です。
実際にお金を出して買ってくれるわけではありません。

マンション売却は見積もり通り売れるとは限らない

実際の購入者は別にいるわけで、決して不動産会社のマンション売却見積もり金額や、売り主の言いなりの金額で買ってくれるわけではありません。

マンションを売却する側に思惑があるように、購入者側にも当然予算というものがあります。
そもそも論として、中古の不動産購入を検討するという行為自体、なるべく安くあげたい思っているわけです。

ですので、ディスカウント交渉は当たり前です。
不動産会社の見積もり金額通りに売れるとは限らないのです。

マンション売却は見積もり金額から値引きするのが当たり前

マンションの内覧時に、「ここが傷んでいる」「ここが汚れている」と言って、値引きを交渉して来る購入者も珍しくありません。
その度に過剰に反応していては話になりません。

値引き交渉時の対応については、あらかじめ不動産会社の担当者と相談しておきましょう。

例えば、見積もりして貰ったマンションの売却相場が2500万だったとします。
その場合、値引き分として80万上乗せして2580万で売り出すといった対策も有効です。

マンション売却は相見積もりで比較するのがポイント

また、マンション売却見積もりの際に、市場の相場よりも高めに査定する担当者もいます。
高めの見積もりを出すことで、自分の会社と契約して貰いたいという思惑があるからです。
こんな作戦に騙されてはいけません。

マンション売却見積もりは高ければ良いとは限らない

一旦、高目の金額でマンション売り出しを行い、途中で「この金額では売れないので値下げしましょう!」といって、価格を引き下げる腹積もりの担当者もいるのです。

相場より高目の見積もり金額で売れてしまう事もあります。
ある意味では高く売るためのコツと言えるかもしれませんが、注意も必要です。

あまりにも相場より高い金額で売り出すと、当然ですが、売れにくくなります。
一定期間売れないマンションは、魅力のない物件扱いされ、仲介業者から紹介されにくくなってしまうのです。

マンション売却は相見積もりで不動産会社を比較

このような事態を防ぐためには、複数の不動産会社に依頼して相見積もり、マンション売却の見積もり金額を比較するのが、騙されないために重要なポイントです。
極端に安かったり、極端に高かったりする見積もりには要注意です。

販売戦略を不動産会社の営業マンにしっかりと聞いた上で、最初から明確な方針でマンション売却に取り組みましょう。

おおよそですが、売り出してから長くても半年を目途に契約できるよう、価格の引き下げにも対応していくことをオススメします。
マンション売却は、時期やタイミング等で価格が上下するので、運の要素も結構あります。

参考:マンション売却時期と値下げして売るタイミングは?

コメント