マンション売却の前後でかかる費用

マンション売却を決めたとして、どのくらいの販売価格に設定するかは、市場の相場動向を見ながら、不動産会社の営業マンと相談して決めることになります。

 

 

その際、清算が必要な住宅ローン残高と合わせて、考えておかなければならない点があります。
それは、マンション売却にともなう費用です。

 

自分では高く売れたと思っていても、さまざまな経費・費用を引くと、マイナスになってしまうケースも多々あります。
住宅ローンが残っている状態なら、マンションを売却したにも関わらず、追加で費用を支払う必要が出る場合もあるのです。

 

そのため、これ以上でなければ売らないという金額を設定するためにも、いくらくらい掛かるのか、予め認識しておきましょう。
よろしければ、参考にしてみてくださいね。

 

マンション売却に必要な費用・手数料

ここでは、マンション売却にともなう費用について解説しています。
掛かってくる費用は大きく分けて3種類、「仲介手数料」「広告宣伝費」「登記費用」です。

 

マンション売却にかかる費用1.仲介手数料

物件売買を仲介する不動産会社に支払います。
マンション売却費用の中でも、高額なものですので、しっかりと把握しておきましょう。
仲介手数料は、宅建業法で上限が設定されています。

 

料率表
売買金額(税抜き) 仲介手数料(税込み)
200万円以下 売買金額の5% + 消費税 = 5.4%
200万円を超え400万円以下 売買金額の4% + 消費税 = 4..32%
400万円を超える金額 売買金額の3% + 消費税 = 3.24%

 

法律で定められている仲介手数料の料率は、あくまでも上限ですが、ほとんどの不動産会社は上限一杯で設定しています。
ただし、中には値引きに応じてくれる不動産会社もありますので、マンション売却の費用を抑えるためにも、ダメ元で交渉してみましょう。

 

 

参考:マンション売却の仲介手数料は?値引きは可能?

 

マンション売却にかかる費用2.広告宣伝費

今のように空き物件が多いと、マンションをスムーズに売却するには、広告・宣伝が必要です。
インターネットの不動産ポータルサイトへの掲載等は、基本的には不動産会社が仲介手数料の範囲内で広告出稿しているので、費用としては掛かってきません。

 

よくあるのが、なかなかマンション売却先が見つからないので、チラシを出しましょうと提案されて、後になって代金を請求されるといったケースです。

 

不動産会社としては、広告費用を売り主に負担させて、結果物件が売れれば仲介手数料が入るので、とても都合が良いのです。
後のトラブルを避けるためにも、どちらが負担するお金なのか明確にし、口頭ではなく書面に残しておくと安心です。

 

またチラシを出したからといって、高くマンションが売却できるわけでもありません。
複数物件が掲載されているようなチラシだど、自分の物件の情報はわずかですので、反応率はあまり高くないのです。

 

小さなチラシに、単独物件を掲載する場合は、情報量が多くなって反応率はあがりますが、その分費用は割高です。
新聞折り込みなら、1万部で35000円程度が相場でしょうか。

 

いずれにしても、インターネットに比べると告知できる範囲が狭いので、費用分の効果を出すには戦略性が求められます。

 

例えば、売却するマンションが3LDKなどの広めの物件なら、同一学区内の、狭い物件にポスティングするなどすれば、住んでいる所が手狭になってはいるものの、子供を転校させたくない人たちの需要を掘り起こせる可能性があります。

 

自分の物件に需要があるであろうターゲットを明確にして、広告をうつ戦略なので、自分でチラシを作ってポスティングすれば、費用も殆ど掛かりません。

 

マンション売却にかかる費用3.登記費用

マンションを売却すると、物件の持ち主が代わりますので、不動産登記が必要になります。
殆どの場合、不動産購入時には住宅ローンを組みますので、その登記も必要です。
それでは、そういった費用を売り主と買い主のどちらが負担するのでしょうか?

 

売り主負担 買い主負担

住所氏名の変更登記
抵当権、賃借権、差押えなどの抹消登記

所有権移転登記
抵当権設定登記

 

上記の表のように、売り主と買い主が負担する登記関連費用の分担は決まっています。
売り主側が負担する金額の方が小さいのが普通ですが、額面は司法書士によって異なります。

 

大体は、抵当権抹消にともなう登録免許税が1物件につき1,000円、司法書士への報酬が10,000円前後といった費用が相場でしょうか。

マンション売却を考えている人は必見です!

物件を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
マンション売却は、一生の間に何度もある事ではないので、失敗しないように情報収集して売らないと大損することになりますよ。

>>マンション売却のコツ<<