マンション売却には時期とタイミングがある!

マンションを売却する場合、少しでも高く自宅を手放したいのであれば、物件の需要が高まる時期と、売り出すタイミングというのが大事なポイントになってきます。
もちろん不動産なので、年中いつでも売り出すことはできるものの、売却しやすい、高く売れる時期というのがあります。

 

 

これに合わせることで、高値でマンションが売れる可能性が上がります。
どうせ売るなら、少しでも高値で手放したいですよね。

 

また逆に、マンションを売却しやすい時期に売れなかった場合には、値下げも検討する必要が出てきます。
需要期に売れなかったのですから、待っているだけで売れる可能性は低いです。

 

ここでは、マンションを売却しやすい時期、売れない時の値下げ時期について解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

マンションを売却しやすい時期は何月?

マンションが高く売れるということは、それだけ需要が集中する時期ということでもあります。
住宅購入の需要が増えるタイミングは、引っ越しシーズンである春先の3月末です。
この時期にタイミングを合わせて、マンションの売却を検討していくのがベストです。

 

 

引っ越しが多い時期としては、3月末について9月末もありますが、住宅を購入する場合は、子供の学校の新年度に合わせて3月末に引っ越す場合が多いです。
もちろん需要が高まる時に物件を売り出したからと言って、100%高く売れるというわけではありませんが、より売却しやすいということは覚えておいて損はありません。
3月末に物件の引き渡しができるよう、売り出しのタイミングを調整できれば、更に売りやすいと思います。

 

中古マンションの売り出し時期はいつがいい?

3月末に物件を引き渡すとして、マンション売却はいつから始めると良いのでしょうか?
一戸建てと比較すると中古マンションは売却しやすいのですが、統計情報によると平均で6ヶ月間程度かかっています。
(一戸建ての場合は、平均で11ヶ月。)

 

 

ですので、3月末の引き渡しなら、9月になったタイミングでマンション売り出しを始めるのが良いでしょう。
半年間あるので、最初は相場よりも高めに売り出して、問い合わせの状況を見つつ、値下げも考慮していくのが賢い方法です。

 

春先ギリギリのタイミングで売り出しても、中古の分譲マンションよりも賃貸の需要の方が高かったりします。
不動産を購入する場合は、実際の引っ越しよりも前に探し始めるからです。
売り出しのタイミングが遅すぎると、思ったよりも高値で売れないこともあります。

 

いずれにしても、中古マンション売却を考えているなら、需要と供給のバランスをしっかりと考えて、売る時期を考える必要があります。
立地条件や周辺環境によっても、需要や供給のバランスは異なってくるので、その点に留意した上でマンションの売却時期を検討しましょう。
まずは、不動産会社に査定を依頼し、その際に物件を売り出すタイミングについて確認することをおススメします。

 

住み替えでマンションを売却する場合の時期とタイミング

新しいマンションや戸建て住宅の購入を検討していて、住んでいる物件を売却したい人もいると思います。
買い替えで売る場合は、持ち家が売れる前に新しい物件を購入して先に引越しをするか、今の家に住みながら売れるのを待つという選択肢があります。

 

 

もしくは、賃貸アパートや実家に一時的に引っ越して、住んでいたマンションが売れるのを待ちつつ、新しい物件を探すというのも有効な方法です。
いずれの場合も、買い替え時期やタイミングを間違えなければ、不動産を売る方法としては有効な手段ではあります。

 

できれば新しい家を購入して引っ越してから、前の家が売れるのを待つというのが、焦らずに販売できる方法なのでおすすめします。
売り急ぐ必要がないので、高く売れる可能性も高くなります。
ただし、この場合はマンションを売却する前に新しい物件を購入することになるため、それなりに資金力が無いと、この方法は難しくなります。

 

資金に余裕が無い場合は、自宅が売れるのを待ってから、新しい物件を購入するという買い替え方法になってきます。
マンションの売却と購入のタイミングを上手に揃えないと、住む家が無くなるということにも繋がりかねないので、十分に注意する必要があります。

 

売ることが決まってしまうと、まだ次に家を購入していないという理由で、時期をずらすのは殆ど不可能です。
反対に、新しい家の決済資金に売却代金を予定していた場合、決済のタイミングまでに売れないと大変なことになります。

 

新築住宅を購入する場合は、契約と決済する時期までにそれなりの期間があるので、その間に販売、決済までを終了させることになります。
デベロッパー側で、住んでいる住宅が決済までに売れなかった時の保険として買取保証を付けているケースが多いのですが、正直言って相場よりもかなり低い金額でしかありません。

 

購入する家や時期が決まってない場合は、しっかりと計画を練ってからマンションの売却も考えましょう。
魅力のある物件を売りに出したとしても、予定しているタイミング通りに売れるとは限らないのですから。

 

中古マンション売却にかかる平均期間と値下げする時期

マンション売却すことを決めて、すぐに所有物件を売ることができるなら問題ないのですが、現実はそれほど甘くはありません。
不動産は非情に高額なものですので、条件の良い物件であっても、すぐに買い手が見つかるとは限らないのです。

 

 

そのためマンションを少しでも高く売りたいのであれば、お金が必要になる時期に余裕を持って売却を進めたいところですよね。
とは言え、一方でゆっくりしていられない事情もあります。

 

しかしながら、自宅は保有していれば、固定資産税の支払いも必要です。
管理費や修繕積立金も毎月支払わないといけません。
税金の支払いを少しでも抑えたいのであれば、早めにマンションを売却したいのは正直な所でしょう。

 

マンションを売却しやすい時期は、春先の1月〜3月、秋口の9月〜11月です。
売り出してから、実際に売れるまでに掛かる期間は、平均して6ヶ月程度ですので、6ヶ月過ぎて需要のある時期にも売れなかったということであれば、この先も大きな期待はもてません。

 

このままでは、不動産を所有していることで掛かってくる費用ばかりが嵩んでいくことになりますので、値下げを検討する時期でしょう。
マンション売却価格の値下げは、少しでも早く売る方法として効果的です。
値下げをすることによってマンションの購入を検討している人の購買意欲をそそることができます。

 

一方で、何度も値下げを繰り返すと、まだ下がるかもしれないという思考が働くようになるため、かえって売却できないこともあります。
需要のある時期の前半では強気の価格設定で高値を狙い、引き合いが少ないようなら、早い時期で値下げするのがコツですね。

 

マンション売却は時期とタイミングだと実感した体験談

日本中、いやこれは世界的な流れなのですが、人口の多数が都市部に集中し始めています。
その結果、人口の中でマンションなどの集合住宅にお住まいの方の割合も徐々に増えてきているかと思います。
実は私自身、生まれてからこの方、集合住宅でしか暮らした事がありません。

 

 

つまり、私の実家はマンションなのですが、その上、大震災で被災もしたのです。
被災した物件ってどうなるの?と思われるかも知れませんが、幸い倒壊しなかったばかりか、構造には全くの問題が生じませんでした。
しかし、代わりに内装が完全にやられてしまい、半壊認定を受けてしまったのです。

 

そして、これらの事により、親はマンションの売却を決意しました、
そして不動産屋に仲介を依頼したのです。
半壊した中古マンションなど誰が買うのか?とお思いかと思いますが、実は当時は倒壊住宅が多く、不動産需要が高まっていた時期でもあり、また、あの震災でも倒壊しなかったと言う事が安全性の証明にもなった為、相場よりは安いものの買い手が現れ、無事売却が出来ました。

 

つまり、どんな物件であれ、需要のある時期があって、タイミングが良ければ売れるのです。
中古マンション売却にはタイミングが一番のコツ、大切と言う事です。
もちろん相場に見合った価格にはなりますが。

 

尚、実は実家では、その時に売って得た資金も組み込んで別の物件を購入しました。
そこは学校が近く、子供のいる世帯がそろそろ自宅を購入したいが、子供を転校させたくないと言う需要に応えやすい物件となっています。
その為、今のマンションも売却しやすいと思います。

マンション売却を考えている人は必見です!

物件を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
マンション売却は、一生の間に何度もある事ではないので、失敗しないように情報収集して売らないと大損することになりますよ。

>>マンション売却のコツ<<