MENU

薬剤師は定年後でも再就職できる?何歳まで働ける?

薬剤師として定年後に再就職を検討中なら、人材紹介会社の利用は必須だと言えます。
もちろん、普通の求人サイトに登録しても仕事が見つかる可能性はあります。

 

薬剤師を必要とする病院・調剤薬局・ドラッグストアなどは、どこも人手不足で引く手数多なので、定年後であっても採用したい筈です。
65歳を過ぎて働いている人もいます。

 

 

ですが、注意も必要です。

 

今のような、人手不足で圧倒的な売り手市場は、そんなに長くは続きません。
環境の良い時期だからこそ、安易に再就職先を決めるのではなく、相対的に好条件の先を見つけるべきです。
薬剤師であれば、m3.com Pharmacistの転職コンサルタントが、転職を強力にサポートしてくれます。

 

定年後の再就職といった場合でも大丈夫です。
中高年だったり、ブランクがあったりする人は、今後のキャリア形成についても、しっかり相談できますので安心できます。
自分では言いにくい労働条件や職場環境について、雇用側と交渉して貰いましょう。

 

未経験の薬剤師が定年後に再就職できる?

薬剤師の資格は持っているけれど、実務は未経験、他の仕事の定年後に再就職したいというケースがあります。
普通の職種では、なかなか難しいですよね。

 

調剤薬局や病院勤務では難しいですが、調剤のないドラッグストアであれな、薬剤師として定年後に再就職できる可能性があります。

 

こういったドラッグストアでは、調剤はないものの、第一類の市販薬は販売するために、薬剤師の雇用が必要だからです。

 

転職コンサルタントに相談すれば、自分のキャリアに見合った職場を提案してくれるので、積極的に利用してみましょう。

 

薬剤師の定年後の再就職はm3.comで年収交渉

m3.com Pharmacistは、医療専門の求人サイトという事、地域専任コンサルタント体制で、非常に地域の医療機関との繋がりが深く、他の総合求人サイトにはない好条件の求人案件が多いからです。
(というより、圧倒的にぶっりぎりです)

 

それに薬剤師が定年後に再就職する場合、はっきり言って、営業職や一般事務を担当しているようなコンサルタントじゃ話になりませんよね。
ドラッグストアの求人ならともかく、地域の調剤薬局や病院薬剤師、専門性の高い職種を希望するなら尚更です。

 

地域医療に根を張っているコンサルタントの力が必要なんです。
定年後、60歳からの薬剤師の再就職は、殆どが調剤薬局です。
m3.comは、調剤薬局の非公開求人を沢山持っているので、年収面でも圧倒的に有利なのです。

 

そんなわけで、当サイトではm3.com Pharmacistを、オススメしています。
せっかく定年後に再就職するなら、お給料だけじゃなく、働きやすい環境の方が良いですよね!

薬剤師の復職・再就職なら、専門の求人サイトで活動がおススメ!
求人数が多いだけでなく、地域の病院や薬局との繋がりが深いので、希望に沿った職場が見つけやすいのです。
コンサルタントが親身に支援してくれるのも特徴です。

>>薬剤師の再就職におすすめの求人サイト<<