お客の理不尽なクレームが怖い!もう仕事辞めたいです。

 

私はとあるホテルの受付の仕事を3年ほどしています。
この仕事を続けていて、私が心の底から仕事を辞めたいと思ったのは、とあるお客様の理不尽なクレームが原因でした。
中年のクレーム・カップルは、週に2〜3回とかなりの頻度で私の勤務するホテルに泊まりに来ていました。

 

毎回どこかで飲んでから来るのか、2人とも酔っ払い状態でした。
私のホテルでは一番金額の安い部屋は予約できないシステムになっているのですが、ある日新人スタッフが誤ってその中年カップルの予約を受け付け、一番安い部屋を提供してしまいました。

 

それ以来、そのカップルは毎回その部屋をあけるように要求してきて、断るに断れない状況になってしまいました。
それだけならまだ我慢できたのですが、そのカップルは他にも多くの理不尽なクレームを言ってきました。

 

もっと安くならないのか、モーニングのメニューが飽きた、部屋の設備が古い、など一社員でしかない私にはどうしようもできないクレームばかりでした。
それが何ヶ月も続き、私は我慢の限界が来ていました。

 

お客様は神様という考えが根強い店長も流石にクレームが酷いと思ったのか、スタッフとの話し合いで、他のお客様と同様に安い部屋の予約は受け付けないようにしよう、ということになりました。
いつもお昼頃に電話で予約をし、夜に泊まりにくる中年カップル。
その日もいつも通り女性の方が予約の電話をしてきました。

 

私は上からの命令で安い部屋の予約はできなくなったと伝えました。
女性は納得いかなかったのか、暫くクレームを言ってきましたが私も強気で対応し、電話を切りました。

 

そしてその夜、しぶしぶそのカップルは空いていた二番目に高い部屋へ入っていきました。
するとすぐに電話がかかってきて、テレビがつかないから部屋を替えろ!
と男性が部屋から物凄い剣幕でクレームの電話をしてきました。
そんなはずはないのですが…と困り果てながら対応するも、こっちは客だぞ!と怒鳴られ仕方なくいつもの安い部屋をあけることになってしまいました。

 

あまりにも酷く怒鳴られたので、暫くショックで立ち直れませんでした。。
もう二度と来て欲しくない、出入り禁止にして欲しいと心から思いましたが、店長は出入り禁止にすることまではしませんでした。

 

毎週必ず来るので逃げることが出来ず、私はこの時本当に仕事を辞めたいと思いました。
このカップルが来るとビクビクする日々を送っていましたが、別れたのか他にいいホテルを見つけたのか、もう見なくなりました。

 

今はどんなお客様が来ても感情的にならずに対応できるようになりました。
精神的に強くなったというのもありますが、嫌なお客のせいで自分が仕事を辞めるのは馬鹿らしいという結論に至ったからです。

 

どんな理不尽なクレームを言われても、仕事を辞めて、また一から探すよりも我慢した方がマシだと自分に言い聞かせると、冷静になれました。
このクレーム体験は最終的には自分にはプラスだったと思います。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい体験談