交通警備員は甘くない!もう仕事辞めたいよ〜。

 

私は以前、警備会社(S商事・主に交通警備員)に勤めていたことがあります。
まずその会社に入社して、早速この仕事辞めたいなと思ったのが、交通費支給無しです。

 

私は面接の時、全くそんなこと気にしてなくて、ただ働ければいいやと思っていたのです。
しかも会社から、交通警備員の現場までの交通費ですら出ないのです(冷汗)。

 

対応策といえば自家用車では無く、なるべく会社の車(4台程)が開いている時にそっちを優先的に使う事です。
何故ならガソリン代は会社の車だけに出してくれるからです。

 

更にこの仕事を辞めたいなと思ったのが、やたら遠い現場に廻され、しかも残業の時です。
私が住んでいる処は田舎なので、交通警備員の現場が遠くても道に迷う事はありません。
なので、最初はあまり気にせず頑張ってみようと、その現場に通ってみたのですが、やはりとても遠いのです。

 

朝4時起きで40分後位に家を出て、交通警備員の現場に着くのが6時50分頃で、仕事は7時半〜残業込みで夜21時まででした。
つまり家路に着くのが夜11時過ぎで、風呂にも入らず飯だけ食って、直ぐ寝るを繰り返す訳です。

 

私は仕事中、会社に電話して専務にお願いしましたが、ダメの一点張りでした。
それと残業で缶コーヒーと菓子パン1つ出ましたが、雀の涙ほどの慰めにしかなりませんでした。
何とか2週間程粘って、その現場は勤め終えましたが、疲れが溜まっていたのか、自宅のトイレでゲロを吐いてしまいました(冷汗)。

 

他には、真冬の季節の雪が降り注ぐ日の交通警備員の仕事です。
とにかく鼻水が一日中止まらなくて、午前中鼻紙10枚、午後も10枚を必ずポケットに忍ばせていました。
雪が降り注ぐ日は、交通量も減り一般車両もそれ程通ったりしないので、鼻をかむことは出来るのですが、冷たい風を凌ぐことが出来ないのです。

 

寒い上に風が強く吹くとこんなにも厳しいモノなのかと、うんざりして流石に本当にもう辞めたいと思いました。
ですが、帰った後のお酒一杯と熱い鍋が、私の心を潤す対応策とでも言いましょうか、そのせいでまた中々辞められないのです。

 

真夏の暑い日も、炎天下(氷のペットボトル5本以上は準備しましょう)の中吐き気をしながら、一日中、交通警備員の仕事をやり顔を真っ黒にして帰宅した後のビール!
と結局中々辞められない訳ですが、そんな私にもとうとう会社を辞めたいと思って決心しました。
それは仕事がある時と無い時がある不規則な点です。

 

いきなり仕事が入るとかではなく、せめてシフト性で予定を組めることが出来る会社にしようと、トータル3年程勤務して辞めました。
今ではその頃程のストレスを感じなく別の職場で励んでいます。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい体験談