職場で嫌われて陰口が辛い!仕事辞めたいけど改善できた体験談

 

仕事を辞めたくなる理由は、大きく分ければ2つぐらいに絞られるそうです。
待遇、人間関係です。

 

私の場合は人間関係でした。
ちなみに人間関係が仕事を辞める理由で一番多いそうです。

 

そこで、私の仕事を辞めたくなった理由ですが、簡単に言えば、同僚の多くから嫌われたて陰口を言われることです。
二度と話したくない、と言っている人もいました。

 

私自身は、特に嫌われようとしているわけでもなく、穏やかに過ごせたら、という考え方の人間なのですが、周囲曰く、社会人として不適格な言動が多いということでした。
正直、鬱々となりましたし、休みの終わる日はある種恐怖でした。

 

確かに私自身の性格としては、明るいほうでもないですし、協調性があるとか自分から輪の中に入っていくような性格でもありませんでした。
元々そういった性格ですので、友人も少なかったですし、今思えば学生時代もそれなりに嫌われていたように思います。

 

そんな私ですが、一念発起し、少しずつ歩み寄ることにしました。
元々気のつく性格でもないので、そこは仕方ないと割り切り、できるところから少しずつ頑張ってみました。

 

正直、嫌われようがなんだって良いや、というのが行動の背景にはありましたが、逆にそういった吹っ切れたところがまだ良い方向に向かったのかな、と思います。
今も嫌って陰口を言う人達はいますが、少しずつましにはなっています。

 

職場で陰口を言われて仕事を辞めた体験談

 

10年以上前になりますが、とあるレディースブランドの社員だった頃の話です。
フランチャイズであるブランドを経営している会社に入社しました。
少人数で、社員はすべて女性でしたが、元々婦人服販売の仕事をしていたので、女性の多い職場には慣れていました。

 

配属先は数店舗あった中で、住まいから1時間半ほどかかる店舗に配属になりました。
そこで働く同じ社員の方達は最初のイメージだととても明るく親切で、毎日何事もなく仕事をしていました。

 

数ヶ月ほど経った頃、段々と人間関係が見えてきました。
一人、影であまり良く言われない方がいたこと。
陰口を言う人達にボスキャラらしき人、取り巻きのような人達、なんだか怖いところに来たなと思いました。

 

私はその店舗で売り上げを順調に伸ばしていた時でした。
○○さん(私)は、営業に色目を使って売れ筋をたくさん入れてもらっている。
と、何度か社長に誰かが陰口を言ったと聞かされました。

 

普通に仕事を頑張った結果だったのですが、どうも嫌われてしまったようです。
これを聞いた時にショックで言葉も出ませんでしたが、落ち着いて考えると(というか考え方を変えて)相手は結果が出せなくて、負け惜しみを言ったんだと、思うことで心を保ちつつ仕事は暫く続けました。
でも、嫌われてそんな陰口を言われながら同じ職場で働きたくないなと思い、次の仕事先を探して、結局退職しました。

 

人間関係が最悪の職場!もう仕事辞めたいよ〜!

 

仕事の人間関係って、入ってみなければ分からないところがあるので、度々悩まされてきました。
若かったころ、お局のような人に嫌われて、よく意地悪をされました。

 

仕事のやり方で注意されるのはいいのですが、「あなたの顔は幼くて今まで苦労していないのが分かる」なんて言われたときには本当に嫌な気分になりました。
入って1ヶ月のときに言われたので本当にショックでした。

 

私はお局に嫌われているようで、行動すべてに文句を言われました。
私の味方になってくれる同僚もいたのですが、最悪の人間関係に、どんどん自信もなくしていきました。

 

やりたかった仕事だったし、お給料も良かったので続けたかったのですが、人格を否定されるような言動の数々は辛かったです。
陰口を聞こえるように言われたりする人間関係が最悪の職場で、毎日会社に行くのが嫌で辞めたいと思うようになりました。

 

一度ターゲットにされたら、陰口が減ることもありません。
このまま続けたら精神的に参ってしまうと思ったので、結局はこの最悪な職場を辞めることになりました。

 

今でも時々、お局に言われた陰口を思い出します。
もっと早くに辞めておけばよかったなと思いました。

 

あまりにも人間関係が最悪な職場で、人としての尊厳を保てないと感じた場合は、辞めるしかないと思います。
もっと言い返せばよかったなと今なら思えるのですが、辛いことが続くと正常に考えられなくなりますね。
辛い思い出です。