むかつく社長が嫌いすぎて仕事辞めたい!!

 

私は、グラフィックデザイナーとして会社に勤務しています。
私の在籍している会社の社長ですが、とんでもなく頭が悪く、知識も全くなくて、むかつくし大嫌いです。
こんな会社の仕事も辞めたいです!

 

経営のことは、全て税理士に任せていて、何でもその税理士の言うなりです。
税理士は、そんな自分の言うなりに動いてくれる会社が面白くて仕方ない感じで、デザインの仕事の知識も全くないにも関わらず、デザインの指示をどんどん出してきます。
明らかに、おかしいと分かることばかりで、むかつく社長にそれを言っても、きっと深い考えがあるんだから、それに従おうといつもそればかりです。

 

その税理士は、50歳にも関わらず、茶髪の長髪で、税理士とはとても思えない風貌をしていて、も〜嫌いで仕方ありません!
会社に来社すると社長席に座り、足を組んでコーヒーを飲んで話をしています。

 

完全に自分がここの社長だと勘違いしているのは、間違いありません。
あ〜本当むかつく!!税理士の仕事を勘違いするな!といつも思ってます。

 

その税理士が社員数を後10名多く取れと言うと、頭の悪い社長はそれを真に受け、応募してきた人を片っ端から採用する始末で、案の定、経営は一気に悪化しました。
余裕がある会社がするのなら、それも十分に分かるのですが、体力のない会社でそれをするれば、そうなるのは、やる前から分かっていることです。

 

その時も、私は社長に「うちの会社の規模で10名を一気に増やすことは、あまりにも危険過ぎます!」と言ったのですが、またあの言葉です。
先生は「きっとこれも深い考えがあるはずだ!」です。
な〜にが先生だ!あんな奴、大嫌いです。

 

それが、一気に経営を悪化させたのにも関わらず、それが分かってからも「このことが後できっと仕事の役に立つ!」と意味の分からないことを言っていました。
心底嫌いで、むかつく言葉です!!

 

おかげで、ボーナスが出そうな感じであったのですが、そのことで1円も支給されない結果となりました。
正直、これ以上、頭の悪過ぎる社長とは付き合っていけないと思い、転職先が決まり次第、こんな仕事辞めたいです。

 

むかつく次期社長の口出しが嫌いで仕事を辞めたいです!

 

私は15年間、同じ会社で商品の企画やネットショップ運営の仕事に携わっており、部署内のリーダーでしたが、ある日を境に状況が一変し、毎日会社を辞めたくてたまらなくなりました。
私の勤めていた会社の社長には跡取りがおらず、社長の血縁者が跡取りとして入社してきました。
その次期社長は20代後半とまだ若く、前職の仕事は営業だったこともあり、経営の知識は全くありません。

 

入社後、経営の勉強をするのかと思いきや、若い為かデザインやネットショップに興味があるようで、知識も経験もないにも関わらず、何かと私たちの部署だけに首を突っ込み、口出しするようになってきました。
もちろん、ネットショップの売り上げは右肩上がりに絶好調で、未経験者の口出しなど必要ありません。

 

私たちに相談することもなく勝手に行動を起こすので、部下たちも毎日イライラむかつくようになり、私自身もストレスが溜まって月曜の朝になると吐き気がし、通勤途中の電車でも吐き気がするので1時間ほど早く家を出て、何度か途中下車しながらやっと会社に出勤していました。
居心地の良かった会社に対して、「仕事を辞めたい」と思うようになりました。

 

むかつく次期社長が入社して半年ほど経った頃、社長を巧く言いくるめた次期社長が、私たちの部署の上司につきました。
社長は、現場に口出しせず、何でも自由にさせてくださり、100%仕事を任せて下さる方だったので、報告連絡相談も本当に重要なことだけで良かったのですが、次期社長は何でも僕を通せ、全て僕に報告連絡相談しろという正反対の方だったこともあり、むかつくストレスは限界を迎えていました。

 

そんな状況が1年ほど続いたある日、今度はまた次期社長が社長を言いくるめ、役職がついている私を平社員に戻そうと思っていると会議で発言しました。
ミスをした訳でも、ネットショップの売り上げが下がった訳でもないのにです。

 

むかつく次期社長としては、思い通りにならない私が邪魔だったようで、社長には「彼女の企画する商品は売れるから、管理職から撤退してもらい平社員に戻して企画の仕事に専念してもらった方がもっと利益が上がる」と口出ししたようです。
私はこの瞬間に、あ、もうこの会社本当に辞めようと思い、仕事を辞めました。

 

むかつく創業社長がワンマンすぎて仕事を辞めたい!

 

大手外食チェーンの運営本部にて勤務しています。
うちの会社は、創業者のオーナー経営でよくいえばトップダウンですが、悪くいえば、むかつく典型的な「ワンマン社長」です。

 

定例会議で、ワンマン社長が思いつきで発した言葉は、絶対的な命令となります。
むかつく気持ちがあっても、その会社で働く限り、経営者の意思に従ったロボットとなって働くしかありません。

 

例えば、ワンマン社長が「定時退社なんかする奴はやる気がない!かといって無駄に残るやつもダメだ!」
というと、その言葉が全社員の空気の中に溶け込み、実際に定時(17時30分)で帰ろうとすると、担当部署の上司から「もう帰るのか?(ふざけるな)」と言われ、かといって19時くらいまで残ろうとすると、「電気代の無駄だ、無能野郎」などとののしられます。

 

うちの会社では、労働者の権利や法律などよりも、ワンマン社長の意向が絶対なのです。
男性社員の場合は上司の理不尽なパワハラに悩んでいる人が多いですが、女性社員の場合は、あからさまなセクハラの被害に悩んでいる人もいるらしくて、本当にむかつく会社です。

 

むかつく社長に対する対抗策ですが、はっきりいって辞めるしかないと思いますし、辞めたいです。
実際にものすごい勢いで人が辞めるので、常に募集をかけています。

 

「うちの会社の仕事がすべてじゃない」。
そう割り切って、転職活動に目を向けたいと思います。
そこに自分の積極性を費やそうと考えています。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい体験談