仕事量が多くて仕事辞めたい時の解決方法は?

 

私が営業事務の仕事をしていたのは数年前のことになります。
その時、もうこれ以上は仕事を続けられない、辞めたいと悩んだことがありました。
メーカーで受発注業務を主に担当していたのですが、膨大な仕事量に対して、主担当は私一人という状況でした。
そこにサポートメンバーをつけて何とか日々の仕事をこなしていく毎日だったのですが、トラブル発生時の対応やクレーム処理については全て主担当である私が行わなければなりませんでした。

 

実はここが問題で、仕事量が多いことに関してはサポートメンバーがつくことで負担を軽減できるのですが、仕事の責任に伴うストレスは軽くなることはなかったのです。
会社側も仕事量の多さについては理解してくれていたわけですが、責任感によるストレスまでは考えが及んでいなかったようですし、私自信も、それは社会人として情けないことのようで相談できませんでした。

 

もう辞めたいと思ったのですが、どうせなら最後に本音を聞いてもらおうと上司に打ち明けたところ、それまでサポートだったメンバーの一人を主担当に変更し、私と二人体制で新たに仕事をスタートさせることになりました。

 

つまり、責任感によるストレスも二人で分けることができるようになったのです。
それまで思い悩んでいたことが、思いきって本音を吐き出すことであっさり解決し、辞めたい気持ちが消えました。
もちろん必ずうまくいくとは限りませんが、体裁ばかりを気にするのではなく本音でぶつかることも時には必要かもしれません。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい体験談